ヘルスフードマイスター養成講座とは

ヘルスフードマイスター養成講座とは

 ヘルスフードマイスター養成講座では、がんをはじめとする生活習慣病やさまざまな病気を予防するために健康に必要な知識や実習で実践しながら習得いただけるよう、10回のカリキュラムで学んでいただくコースとなっています。

 

 健康をテーマにした養成向けコースです。

 

 がんや生活習慣病などを予防するために必要な食事方法や治療食などについて学びます。病気の原因について、がん治療食について、食材の効用などを学ぶコースです。

 

 調理技術を学ぶという教室ではなく、今後、社会に大きく必要とされる人材育成の講座です。

 ご自身の健康はもとより、ご家族や身近な方のため、美味しく楽しく健康を手に入れるノウハウを学んでいきませんか?

 

 卒業された方々は本人の意思(任意)により、当協会が主催する認定試験を受講し、合格された方は、ヘルスフードマイスターとして活動が認められます。合格された方は、登録していただくと、ヘルスフードマイスター認定証書を授与されます。また、マイスターに登録された方は、当協会が企画する場で活躍することができます。また、当協会オリジナルマイスターエプロンや名刺を使用することが認められます。

 

現在、このような健康をテーマにした、病気予防のカリキュラムは珍しく幅広い年代の方々が参加をしています。

 

今後の日本の医療費の削減への貢献の一助となることを願って活動を広げています。

 

 ※この講座を受講するには、当協会の会員になっていただくことが条件となります。会員向け講座となり、一般向けの養成講座は開講しておりません。

 

◎ヘルスフードマイスター養成講座

 ■1日のスケジュール

 午前:調理実習 9:30〜

 午後:講義       〜16:35

 ■10回コース